【運用資産内訳】2022年7月30日時点

ポートフォリオ

こんにちは、サトシです。

2021年ももう半分以上が経ってしまいました。

最近の嬉しいニュースとして、年初からの運用益がようやく少しプラスになりました。こちらは入金を除いて、評価額ベースで計算したものです。

一方で悲しいニュースとして、仕事が忙しくて夏休みが延期になってしまいました(泣)

お金が増えても使えなかったら意味ないよね、ということで嬉しかったり悲しかったりな近況です。

今月の目次はこちらです。

1.運用資産ポートフォリオ

7月末のアセットアロケーションはこんな感じになりました。米国株を中心に海外株式がこの1カ月で急回復した為、比率が49.4%まで上昇しました。

金額ベースではこちらです。今月は30万円強入金したので、純粋な投資のリターンとしては+250万円くらいでした。最近円高方向に触れているので、直近ではもう少し低いかも知れません。

2.マーケットや売買について

海外株式のアセット内の比率が下がっていたので、ここ数カ月間は積立も含めて平均25万円分くらい株式インデックスを買ってきました。

ようやく比率が50%に迫っていますので、8月上旬の株価の推移を見つつ、調子が良ければ積立だけを残して、しばらく追加の買い付けはお休みしようかと思います。

相場観としては、目に見えてインフレが沈静化しなければ金利上昇は終わらないと見られる中で、あまり楽観的でもないです。金利が上がって株価が下がればまた買いますし、このまま好調であれば次に買うのは国内債券、コモディティ、国内REIT辺りになりそうです。

そう言えばビットコインはマイナス24%くらいの損益でコインチェックをそっ閉じしました。。。宝くじは買わない主義ですが、ビットコインは同じ様な思惑(一攫千金的な)でやっているなと自分自身で思います。

3.年初来の投資リターンがプラスになった

今年は年初の1月にいきなりマイナス300万円くらいでスタートして、かなりボラティリティも激しい感じでしたが、ようやくプラスになりました。

円建ての商品チャートを見ると、S&P 500(青)や米国REIT(オレンジ)は年初来で若干マイナスでした。

為替が大幅に円安に振れた中で、実は海外債券や貴金属の円での評価額が上がってプラスのリターンに貢献してくれています。やっぱり分散投資していて良かったなと思いました。

毎月の損益に一喜一憂せずに、そして投資のリターンよりも資産額だけを見ていたいのですが、投資のリターンが悪かったら「何の為にやっているの?」となるので、2021年から入出金を除いた純粋な投資のリターンも計算するようにしました。

改めて累計のリターンを計算すると+1,000万円を超えていました。評価額なので利確したら20%税金で持っていかれますが。。。

環境が良かった2020年からカウントすればもっと利益が出ていると思うのですが、その頃は要領が分からずちゃんと計算していなかったので、記録が残っていないです。

恐らくとてもマーケットの調子が良いタイミングで投資をしているのであまり参考にならないかも知れませんが、この期間だけを見れば「投資をやっていて良かった」ということになりそうです。

4.今後の方針

投資に関してはしばらく目立った動きはしないつもりです。もちろん市況が良くなったら万々歳ですが、もしこのまま株価が数カ月とか数年間低迷すればそれはそれで買い増しチャンスかなと考えています。

そういうことが起きた時に、さっと株式投資に回せる現金とかその他アセットを持っておくのがやはり大事だと思っています。

最近思うこととして、人生の後半で大事になるのはお金ともう1つは健康かなと思って、ジム通いを再開させました(数年間サボっていた)。運動すると食事にも気を使う様になりますし、飲酒の頻度も少し下がりました。次の健康診断で良い結果が出るといいな。

結局はだらだらとコロナの感染が続いていて、昔の生活スタイルには簡単に戻りそうもないです。海外旅行とかは難しそうですが、そういう中でできること、楽しめることを探していきたいです。

夏休みとか秋旅行の計画をちゃんと立てて人生を充実化させたいと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました