【資産額】2020年8月2日時点

ポートフォリオ

こんにちは、サトシです。円高になったり元に戻ったり、アメリカのテック株が好調だったり日本株が下がったり、なんだか精神的に忙しい一週間だった気がします。

自分個人のお金というよりは家族のお金なので、どういう事態が起こっても泰然としていられるようなポートフォリオを組んでおきたいです。サラリーマンだし、夜はぐっすり寝たいしね。

1カ月ごとに資産をレビューして今後の方針に反映していきたいと思います。

金融資産ポートフォリオ

色々試行錯誤でこんな感じになりました。

金額ベースではこんな感じ。

金融資産の合計は約3,260万円で、前月対比で約+1,090万円でした。これは投資のパフォーマンスが絶好調だった訳ではなく、単純に米国株(主にVGT)や国内外リートなどを中心に全般的に買い増したことが要因です。現金を含めた総資産は若干減っているようです。残念ながら私の月次の収支はマイナスです(ボーナス月除き)ので、投資によってはあまり変わらなかったというのが実情です。

海外株式は主にマネックス証券から金額を引っ張ってきたけど、7月29日時点の情報だそうです。

マーケットなど所感

私は相場のプロでもなんでもないので、ファクトベースで個人的な感想を書きます。

過去1年間のS&P 500のパフォーマンスを見ると良いところと悪いところがはっきりしています。GAFAM、ヘルスケア、消費財などは好調エナジーは全滅。銀行、ホテル&リゾート、レストランなどは不調。新型肺炎の影響がそのまま出ているような結果ですが、 実店舗型のウォルマート(WMT)やコスコ(COST)、ターゲット(TGT)といった量販店が堅調なのは意外でした。この辺とか消費財が失速し始めるといよいよやばいかもですね。

同じ実店舗型ビジネスでも、ホームデポ(HD)やロウズ(LOW)といったDIY寄りのホームセンターが好調なのはまだ分かる気がします。

長期投資との観点では細かいことに悩まずに手持ちの現金を全てインデックスに投資したら良いのだろうけど、ヘタレなんでビビります。

今は総資産のうち約60%を運用に回しています。私の場合は長期投資で基本的には売らない(頻繁にリバランスもやりたくない)ため、大きな投資機会は夏のボーナスの時くらいしかありません。来年の夏まで楽しむと考えたら少しスローダウンする時かもしれません。

冬にかけて新型肺炎の影響や今後の見通しがはっきりしてくると思いますし、アメリカ大統領選挙もあるので、投資においても実生活においても色々とイベントの多い年になりそうです。

今後の方針

海外株式の比率がターゲットの50%に比べてまだ低いのと、内容が米国株に偏っているので、明日VWOを8,000ドル分購入しようと思います。あとポートフォリオ外で金(GLD)と銀(SLV)をそれぞれ500ドル分ずつくらい購入しようかな。キヨサキ先生のファンだしね。

その他は少しお休みします。国内株式は持株会(積立)メインなので放置して、国内債券はしばらく買いません。国外債券や国内リートの割合が下げたらもう少し買おうかな。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました