【運用資産額】2020年8月30日時点

ポートフォリオ

こんにちは、サトシです。今月はどうなることかと思っていましたが、米国株は全面的に好調でした。8月末時点の運用資産額をまとめてみました。

1.運用資産ポートフォリオ
2.マーケットなど所感
3.今後の方針

1.運用資産ポートフォリオ

新規に金と銀のETFを購入したこともあり、8月末時点ではこんな感じになりました。

金額ベースではこちら。

運用資産の合計は約3,760万円で、前月対比で約+500万円でした。前月に引き続きですが、これは運用成績が抜群だった訳ではなく、VWOの買い増し約8,000ドルや、金・銀ETFの新規買い付け約16,000ドルなどが含まれています。

それでも純粋に200万円くらいは増えたかな。素直に嬉しいけど、来月どうなっているか分からないところがなんともね。海外株式は米国株の比率がまだ高いので、これからもVWOを買っていきたいと思います。

なぜかクレジットカードを結構使ってしまい、月末の請求が憂鬱でした。。。9月は節約したいです。

2.マーケットなど所感

今月で一番大きい決断は金・銀ETFの購入です。最初はお小遣い程度の少額(せいぜい数万円)をポートフォリオの外で持つくらいにしようと思いましたが、最終的にポートフォリオの5%を目安に買い付けることとしました。自分でも変わり身の早さにびっくり(笑)

主な動機としては「有限の実物資産に対するマネーサプライの増加」や「金も銀も半導体など工業用途あり」といったありきたりなものです。リーマンショックの時もコロナの時も、暴落時は株も債券も短期的に同時に下がって守られていない気がしたので、組み入れてみました。

値段は一時に比べて落ち着いてきている感じがあるので、資産の成長を助けてくれるかは分からないです。配当金もないですし。

今のところ資産の成長は海外株式が引っ張っています。運用資産外に現金もあるし、債券みたいな保険にも入っているので、国内外債券の比率は下げていこうと思います。

これからの株の見通しは全然分からないです。。。トランプ氏は株価を非常に気にしているので、金融緩和もあり株価は堅調に推移してきました。ワクチンの開発など明るいニュースが出ればこれからも伸びていく気がしますが、The Economistによると選挙はバイデン氏が勝ちそうだし、そうなれば増税の見通しもあります。

https://projects.economist.com/us-2020-forecast/president

これがマーケットに織り込み済みかどうかなんて素人の私には。。。長期的には右肩上がりとの予想に基づいて、配当金を享受しながら保有し続けることが負けないことに繋がるのかな。

また、ワクチンの開発が見えた時に金利に影響して、株のセクターローテーションや債券・貴金属にも影響が出るのではとの観測もあるようです。どんなシナリオがきても何かしら伸びるような構成にしたいです。

3.今後の方針

過去数カ月を振り返れば、一番の選択は米国テック株のレバレッジ商品に全力で突っ込むのがよかったのだと思いますが、改めて最適な決断は難しいと感じました

私の総資産から考えるとこれ以上突っ込む気はしないので、しばらくはこのくらいで様子を見ようと思います。色々と分散させているので、株価が好調でもどんどん増えていくことはないと思いますが、チャンスがあれば利確・リバランスをしたいと思います。

国内外リートがこれから伸びていくと嬉しいです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました