【運用資産内訳】2021年11月27日時点

ポートフォリオ

こんにちは、サトシです。

年末にかけては色々とイベントが多くなりそうです。

一緒に出費も多くなる季節でもあるのですが、そういう時にお金を出せるのも投資しているからかな、と考えたりします。

アノマリー通り11月も株価は上がってきたのですが、最後の最後にドカンと下がって1カ月分の利益を吹き飛ばしてしまいました(涙)

右肩上がりの推移に慣れ過ぎているのですが、まあそんなものですよね。リーマンショックの際は、米国株ですら5年程かけて元値に戻った訳ですが、当時はどんな気持ちだったのかと思いを馳せたりします。

Twitterをやっているとお金の使い方や幸せについて色々な意見を見たりします。今回は私のお金に関する考え方も少し書いてみたいと思います。

こちらが目次です。

1.運用資産ポートフォリオ

昨日時点ではこんな感じになりました。5%をターゲットとしている貴金属を引き続き買っていこうと思います。

10%がターゲットの国内債券もしばらくしたらまた買わないといけません(勝手に決めているマイルールですが)。今はほとんど金利がつかないので、現金と同等の位置付けです。

金額ベースではこちらです。マネックス証券は金曜日のドカン(下落)がまだ反映されていないと思いますが、前月に比べて新規買付を除いても+60万円程上昇しました。

2.マーケットや売買について

投資に関して今意識していることは、少し大げさな表現ですが「予見された未来にどう備えるか」です。

アノマリーに従えば年末に向けて株価上昇が見込まれる一方で、継続的な高インフレやテーパーの早期実施に対する予想が増え金利が急激に上昇してきました。

新型肺炎のオミクロン型の流行によって株価や金利には調整が入りましたが、報道を見る限りこれまでに開発されたワクチンの有効性がある程度見込めそうです。

調整が欲しいところに丁度オミクロン型のニュースがあったので下がった様な印象ですが、もしワクチンやその他薬剤の有効性が認められるとすると、インフレ継続や金利上昇といった基本的なストーリーは変わらないと思っています。

そういう中で、一般的に予見されている現象としては以下が挙げられるかと思います。

①業績の伴わないグロース株は引続き軟調
②業績相場に移行
③コモディティや金価格が上昇する

私はこういった予想に基づいて皮算用して、現在のアセットアロケーションを大幅に変えたりレバレッジ商品を使って特定の銘柄に突っ込んだりということはしません。一方で、「もしこういうシナリオが現実化した時に自分のPFは大丈夫か」という目線での振り返りはします。

今の環境では、特に意味もなくグロース株の比率を増やしたり、足元でキャッシュが出ていない未来志向型のテーマ株やセクターに積極投資することには一層気をつけるべきだと思いますし、私は(特に今は)やりません。

また、個別株という意味ではその業態や企業がインフレの影響を価格転嫁できるかといったことも重要になってくるのではないでしょうか。これは結構銘柄分析が必要そうなので大変な気がしますが。

コモディティについては正に原油といった商品が話題となっているところですが、これまで投資をした際に上手く儲けられたことがなく、政治が大いに絡む商品なので積極的には手を出さない予定です。保有している日本株がバリュー株寄りですので、そちらで良いかなと思っています。

こういった状況の中で皆さんはどの様に投資を継続しますでしょうか。個人的に一番しっくりきたのはシーゲル教授の発言をまとめた以下の記事です。

私はまだほぼフル・インベストだ:ジェレミー・シーゲル
ウォートンの魔術師ジェレミー・シーゲル教授が高インフレの継続を予想し、投資先の選別法について言及している。

これから予想される環境下においても株式を代替する投資先はないとの見立てで、私自身もインデックスを中心に株式投資を継続していきたいと思います。

そして、債券にとっては逆風の状況が続き、現金はインフレ分目減りしていくと予想されていることにも注意していきたいと思います。

3.「幸せ/お金」を最大化させる

Twitterを見ていると定期的に「マイホーム(車)買いました」「いやマイホーム(車)は負債」「お金は使わなくちゃ意味がない」といった論争が発生するのですが、私はこれからもなくならない気がします(笑)

個人的な話をすると、お金の使い方については以下の2つを意識しています。

①お金はその人の「幸せ/お金」が最大化される方法で使えば良い(今のお金の使い方)
②お金を保全し増やす仕組みにお金を使うことも大事(将来に向けたお金の使い方)

先ず前提として確かめたいのは、お金をモノや経験に交換することで人は幸せになれるということです。たまに価値観が違う方もいらっしゃる様ですが、私はこう思っています。

マイホームや車を買って、それらを手段として手に入れられる経験(あるいは手に入れること自体)があなたを幸せにするのであれば買えば良いでしょう。

個人的には、家族と一緒に旅行に行って色んなことを経験したり、家や外で食事を共にすることが一番幸せになれるので、その周辺で多く消費します。あと、教育関連の支出は最も有効な非課税の贈与の1つだと思っているので、その辺でも多くお金を使っています。

気をつけないといけないのは、多くの人にとってお金は有限で、何でもかんでも手に入れることは難しいということです。また、今お金を使って幸せになることと同じくらい、将来に向けてお金を保全し増やす仕組みにも投資が必要ということです。

正直なところ、日本の少子高齢化がある日突然解決して、自分が支払った保険料を上回る年金が手に入るとは思えません。もしこれからも平均寿命が伸びて長い老後を過ごさなければならなくなった場合、国は守ってくれるでしょうか。

私は最後に頼れるのは自分だと考えて、資産を保全し増やす仕組みに大きな金額を投じています。そうすると、自ずと今使えるお金には制限が出てくるので、使い方の選択が求められます。

その時に「◯◯を買うことが自分の幸せに繋がるか」という基準が個々人で異なるから論争が生まれる訳ですが、まあやらせとけばいいや(笑)争うのではなく「そういう考え方もあるのか」と気づきを得るきっかけにしたいですね。

あと、個人の価値観の問題とマネリテの話も分けるべきだと思います。「ほとんどの保険は多くの人にとって必要ない」はマネリテ的には結構当たっていたりするのですが、たまに拒絶反応を起こす方もいますよね。

最高なのは、今の幸せを犠牲にせずに将来にも備えることができる圧倒的な入金力を手に入れることかと思います。まあそんなの簡単にはいかないですけど。。。

4.今後の方針

これまでFIREとか全く興味がなかったのですが、会社でのキャリアもよく分からないな、ということが身近に感じられる出来事が最近あったり。。。

自分の力だけではどうしようもなくなった時に、転職や留学という大きな決断を後押ししてくれるのもお金かなと思います。

改めてコツコツと資産形成に励むことが大事だと思いました。投資の方針は今のところ変わりません。

12月は色々楽しみたいと思います。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました