自己紹介

こんにちは、サトシといいます。

30代半ばのサラリーマンで、非金融系の会社に勤めながら趣味と実益を兼ねて投資をやっています。

保険の営業の方によると、私の2012年頃の貯金は約100万円だったそうです。そこから主に給与収入を貯金し、一部生前贈与があったりでお金を貯め、2019年に金融資産が5,000万円を突破しました。

これまではあまり意識せずに場当たり的な投資(投機?)を行ってきましたが、将来を見据えてもう少し考えながら資産形成に取り組んでみようと思っています。

投資の目的は子供や孫に資産のバトンを渡すことです。r>gを意識しながら自分で行けるところまで行って、人生の選択肢を増やしてあげたいです。

この様な考えに至った理由は2つあります。

1つ目の理由は、日本には富裕層以上の世帯(純金融資産が1億円以上ある世帯)が約2.5%いるとのことですが、相続によって一定数が再生産されていると考えていることです。

出典:株式会社野村総合研究所(https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2020/cc/1221_1)

もちろん一代で事業や投資に大成功して超富裕層になった方もいると思います。それでも、普通の会社員がゼロから富裕層に到達するのはそれなりに難しいと思います。

幸運が重なって富裕層に到達しても、資産を使い切ったら自分の子供の代で振り出しに戻ります。自分で稼いだお金ですのでそれはそれで1つの考え方かと思いますが、私はステップアップできる様な仕組みを作りたいです。

そして2つ目の理由は、両親から一部生前贈与を受けたことです。両親は祖父母から受け継いだ資産はないか、扶養していたのでむしろマイナスだったと思います。

私は受け取った資産を浪費することなく、確りと増やして自分の子供や孫に引き継いであげたいと思っています。

話を投資・資産形成に戻しますが、従来現金比率がかなり高く、2019年頃に本格的に米国株投資を始めたいと思う様になりました。一方で、知識も乏しい中「株価が割高過ぎるのでは」と躊躇して手を出せませんでした

2020年のコロナショックをきっかけとして、運用額を大幅に引き上げました。現在の投資先は米国株(ETFや投資信託等)を中心としつつ、国内外のREITや債券にも分散させています。

投資の方法・考え方については以下の投稿に書いています。ご興味あればご参照下さい。

【固定記事】私の投資方針
こんにちは、サトシです。2021年5月時点での私の投資方針について書いてみます。特に見直しがなければこのまま継続する予定です。先にお伝えしますと、個人的には投資の手法について正解はないものだと考えています。もちろん...

投資家としては経験も浅く玄人というより素人ですので、主に自分の成功や失敗に関して経験を書いていこうと思います。

これから投資をやってみたい方、投資初心者の方の参考(反面教師かも)になったら嬉しいです。

2020年7月(2022年5月更新)

タイトルとURLをコピーしました