【つぶやき】持株会は危険なのか?私は使います

つぶやき

こんにちは、サトシです。

上場企業で働いている方の中には、自社株を(割安で)購入できる持株会の制度を利用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一方で、「会社の持株会はリスクが集中するのでやらない方が良い」といった話を聞くこともあります。

私は必ずしもそんなことはないと思いますし、サラリーマンとして得られる数少ない特権の1つである持株会を活用しないのは非常にもったいないと考えています。

では何故持株会が危険だと見做されているのかというと、どうやら「フローとストック両方のリスクが集中するのでやめた方が良い」という意見の様です。

この文脈においてのフローとストックは以下の意味合いと理解しています。

フロー:勤務先から毎月受け取る給与収入のこと
ストック:資産として保有する勤務先の株式のこと

「勤務先から給与をもらい、なおかつその会社の株式を買うのでリスクが集中して危険」ということの様ですが、私はあまり気にしていません。

先ず前者(フロー)についてはあまりリスクとは思っていません。

「業績が悪くなったり自身のパフォーマンスが低かったら給与が下がったりリストラされる」といったことなのかも知れませんが、どちらかと言えばキャリアの話という気がします。

万が一リストラされたら転職しましょう。もし転職できるスキル・経験がないとしたらそれこそが問題だと思いますし、資産形成の話なのか疑問です。

次に後者(ストック)のリスクに関してですが、こちらは他の企業の株式を購入する場合と同様に、中長期的な視点で判断するしかないと思います。

自分の会社に将来性があれば株を買うし、そうでなければ買わない。リスクマネジメントという意味では、自身の金融資産に占める割合を一定に留める等してリスク分散するのは大事と思います。

自分の会社のことは他の会社よりも情報が入手できるはずですので、何も知らない会社の株を無闇に買うよりも余程良い気がします。そもそも将来性に乏しい会社であれば、可能であれば転職したいですね。

持株会の場合は奨励金があることが多いと思いますので、時価で買い付ける人に対して「常に勝っている」状況です。株式投資において数少ないチートツールだと思っています。

長期的な資産形成をする上では、先ず最初に「絶対に勝てる投資」をやることが大事です。まあそんなものはそうそうないのですが、優位的な制度が利用できて勝てる確率が高いものです。

私の中の分類ではNISAやiDeCo、401kを通じたインデックスの積立や、持株会等が近いと思っています。

使える制度は上手に活用して、資産形成に役立てていきたいです。

それではまた。

(本投稿は過去の投稿を一部抜粋・修正したものです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました